70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
キース・リチャーズ③~[彼こそストーンズ]
学生だったキース・リチャーズはロンドンのダートフォード駅で電車をまっているとき、ばったりとミックに出会っている。ブルースのレコードを何枚か抱えているミックを見て、すっかり感激。車内でしゃべり通したという。~彼こそローリング・ストーンズより~

やはり、この二人、転がる石ころが赤い糸で結ばれていたんですね。
何気ない会話、特に音楽(ブルース)やアメリカへの憧れと意気投合しこれがストーンズの出発地点ともいえるのでしょうか。

夏休み、キースはいつものように、休暇を家族と共にすごすことにしていたが、今回はミックも一緒。
二人がデヴォン行きのバスに乗ったのは、ともに17歳の夏のことだった。

『夏休み中、ミックとキースは地元のパブで演奏してました。キースはギターを持ってきたんです。二人が「演奏」をはじめるとだれもが酒を呑む手を休めて聴き入ってましたわ。・・・』(キースの母ドリス)

もうこの頃から才能が評価されていたんですね。ただの不良イメージが先行してしまう二人。でも根っからの実力の持ち主である。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/386-9ced4151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。