70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
モット・ザ・フープル~「すべての若き野郎ども」
デビット・ボウイ プロデュースによる独自おサウンド。

1972年リリース、モット・ザ・フープルのアルバム
『すべての若き野郎ども』

ボーカル イアン・ハンターを看板にギタリスト ミック・ラルフスら5人のメンバーにより結成されたモット・ザ・フープル。

このアルバムからグラムロックの創始者的存在のデビット・ボウイが手がけ、成功を収めたアルバムでもある。

なんといってもアルバムタイトルにもなっている「すべての若き野郎ども」は後の「野郎どもの賛歌」、「モット・ザ・フープルのバラッド」、「ロックンロール黄金時代」と並ぶ初期の大傑作作品である。

もの悲しくも聴こえるギターのリフから始まり、イアン・ハンターの独特の歌いまわしと声がなんとも言えない味を出してる曲である。
バラード曲といってしまえばそうかも知れないが、キーボードの音が曲全体にフィーチャーされ清楚な感じを引き出し、独自のロックンロールバラードを作り上げたナンバーである。 ハンターのボーカル特に歌い方がとても印象に残るが、ミック・ラルフスのギターも随所にいいメロディ、リフを展開しているのもこの曲の魅力の一つである。

70s.80sの洋楽があちこちで聴かれるがぼちぼち“モット・ザ・フープル”もブームになって欲しいものだ。

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/391-dbec044f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
すべての若き野郎どもモット・ザ・フープル (1990/06/01)ソニーミュージックエンタテインメントこの商品の詳細を見る MottMott the Hoople ()Sonyこの商品の詳細を見る ロックン・ロール黄金時代モット・ザ・フープ
2007/09/25(火) 23:48:56 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。