70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
レインボー~「アイ・サレンダー」
新、新、新レインボー!

リッチー・ブラックモア率いるハードロックグループ ″レインボー″

1975年ディープ・パープルから脱退したギタリスト、リッチー・ブラックモアが結成したレインボー。初代ボーカリスト ロニー・ジェームス・ディオ、2代目グラハム・ボネット、そしてこのアルバムからジョー・リン・ターナーにチェンジしている1981年リリース。

『アイ・サレンダー』

初期の中世的詞や楽曲を取り入れ新たなハードロックを切り開いてきたレインボー。しかし、ライブ盤を含め4作目の「バビロンの城門」あたりから、だんだんとアメリカン市場を意識したハードロック嗜好へと変貌してきた。

そこへ、ボーカリストにジョー・リン・ターナーをすえることより、ハード&ポップへと形をかえているアルバムである。
全体的に聴きやすく、とげとげしい部分が少ない分ややインパクトに欠けるかも知れないが、このアルバムの大ヒットシングル「アイサレンダー」はどうしてどうしてハードでヘビーなサウンドでグイ!と押し迫る迫力のあるロックを聴かせてくれる。
得意技といってもいいのではないかと思っているギターとキーボードの音が絶妙なバランスを保ちながら各々が強調しあい、そして強烈に仕掛けるジョーのボーカルと、とてもロック精神にあふれるナンバーである。

♪アイサレンダー~♪と一緒に歌ってしまう・・・。(笑)

このアルバムの最後の曲「治療不可」かの有名なクラシックの大御所 ベートーベンの「第九」をモチーフとしたリッチーのギターソロが光るインストナンバーで、ギター弾き放題のやりたい放題、音楽は爆発だー!である。もちろん、キーボードもプログレ風にソロを聴かせるがアクセントという位置づけにも聴こえる。リッチーの独断場という意味ではファンには最高であるのではないでしょうか。


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
このアルバムいいですね。
久々に聞きました。聞き入りました。レンタルですが…
いいですよねぇ。マジックもいいと思いますよ。
2009/01/24(土) 02:37:41 | URL | たら~く #-[ 編集]
>たら~
たまに聴きたくなってくるんですよね。
ハードロック。

今どきの洗練(計算しすぎ?)されたサウンドに比べたら古臭いのかも知れないけど個性の光るレインボーならではの世界がありますね。
2009/01/25(日) 09:53:34 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/392-7082aa3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。