70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
イーグルス~「過ぎた事」
1972年、リンダ・ロンシュタッドのバックバンドから自分たちの道を歩み始めたイーグルズ。
ウェスト・コースト、カントリー・ロックと新しいジャンルの幕開けをひっぱてきたイーグルスの1974年リリース3枚目のアルバム

『オン・ザ・ボーダー』

5人目の正式メンバーとしてドン・フェルダーが参加している作品で、ドン・ヘンリーのボーカルが冴える「我が愛の至上」が大ヒット、全盛期を迎えることになるんですね。

しっとりとしたギターサウンドとおだやかなメロディライン。ボーカルに加え、しっかりとしたコーラスワークとイーグルスならではのバラードだと思います。

そして、ドン・フェルダーの参加により、ロック色を増したアルバムともいえる。
一曲目の「過ぎた事」(Already Gone )はウェスト・コーストサウンドを残しながらもロック色の強いナンバーでギターギンギンのノリまくり。この後のイーグルスの音楽活動に大きな影響を与えた一曲ではないかと思っている。


閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/394-ac0f813d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。