70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ジャーニー~「ホイール・イン・ザ・スカイ 」
「ああ また冷たい冬がやってきた」曲の出だしです。

ウインドサーファーにはつらい季節がやってきました。と同時に風もガンと吹く季節。どこかしらから「ウインドサーフィンはウィンタースポーツですよ」という声も聞かれる。確かに暑い夏よりも冬(秋もふくめて)の方がはるかに風の強い日が多いことは確かである。

寒さがくれば、また暖かい季節もやってくるのだからそれまでバカになって・・・いやテンション上げて遊びまくるぞなんてね。季節が巡ってくるといえば、1978年リリース、ジャーニーの4枚目のアルバム『無限との遭遇』(インフィニティ)の中の「ホィール・イン・ザ・スカイ」

とてもリズム感のある曲でスティーブ・ペリーのボーカルがとても映える。もちろん、ニール・ショーンのギターも心地よく、なにより ♪~ホイール・イン・ザ・スカイ・キープ・オン・ターニン♪ とボーカルがハモルところが聴きどころでしょうか。

訳詞を見ると″空の車輪は回りつづける″となっているがなんとまぁ直訳ですね。やっつけ仕事みたいな訳詞ですがまぁそれしか訳しようがないけど、えらそうに私が解説すると空がまわっているという意味合いでしょうか。もちろん。空ではなく地球がまわっているんだけど、太陽が沈みまた陽がのぼり朝になり、季節は巡るということでしょう。(キマッタ!)

冷たい冬の次はポカポカの春が待っている。・・・まだ冬始まったばかりですね。(笑)

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
> 太陽が沈みまた陽がのぼり朝になり、季節は巡るということでしょう。(キマッタ!)

この直訳は私も気が付いていて、おかしいなとは思っていましたが・・・コジさんのこの解釈は正しいと信じていいのかしら?(笑)

あ、TB失敗してるぅ
2007/11/30(金) 23:35:24 | URL | ルドルフ #ZEiFTc6U[ 編集]
>ルドルフ
コメントありがとうございます。
信じましょう・・・ん!
英語を日本語い訳したり、また逆に日本語を英語に訳すのって意外と難しいのかも。ちょっとしたアクセントで意味が全然ちがってきますからね。
2007/12/03(月) 12:10:16 | URL | コジ #-[ 編集]
懐かしい~
インフィニティ 懐かしいです。聴いてました。
このインフィニティという言葉の響きも好きです。
同名のNissan高級車がありましたね(笑)同名の
すごくうまいアマチュアダンスユニット(男2人)
もいました(だから何やねん 笑)

「マニトウ」もめっちゃ懐かしいです。
結構おもしろかったです♪
2007/12/04(火) 03:50:21 | URL | さり #e/A4EyGE[ 編集]
>さり
ダンスユニットはちょっとわからないのですがきっとファンだった?んでしょう。覚えているんだから・・・ん!
車も詳しいですね。というよりも高級車ごのみっかな。シーマとか渋いところではセンチュリーとかちなみに2000cc以上の車をかったことがない・・・(ひがみか!・・・笑)
ジャーニーは私もよく効いたんですよ。
「マニトウ」もいいほうに解釈すればすくわれる!ですね。
2007/12/10(月) 12:03:54 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/420-d8293258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。