70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
イーグルス~「夏の約束」
イーグルスの最新アルバム「『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン』

1979年の「ロング・ラン」以来、28年ぶりのオリジナルアルバムである。もちろん、解散、再結成とよくありがちなパターンではあるが、今でもこれだけのサウンドを奏でられるイーグルスの面々はやはりただものではないなという思いである。

アカペラで始まる一曲目の「失われた森を求めて」ではもういきなり感激であった。
よほど自分たちの音楽センスに自信ななければこんな始まりはしないと思う。それだけイーグルスに集うメンバーの意気込みと才能には驚かされてしまった。
そして、シングルになった「ハウ・ロング」
往年のイーグルスサウンドの原点ともいえそうな心地よくノリのいいメロディラインは復活ののろしを上げた作品に聴こえる。

ドン・ヘンリー、グレン・フライ、ジョー・ウォルシュ、ティモシー・B・シュミット各々の音楽的センスが程よくミックスされ、どの曲もイーグルスとしてまったく遜色のないアルバムといえる。「夏の約束」はきれいなバラードナンバーである。
こういった曲はやはり、ドン・ヘンリーの歌声がよくあう。夏が過ぎ去り思い出に慕っているよな哀愁をおびたナンバーであるがメンバーの演奏、そしてコーラスともにとても聴き応えのある作品であると思う。

初めてイーグルスを耳にする若い層にはちょっともの足りなく感じるかも知れない。
というのもハデな演出とか目新しいサウンド展開があるわけでもない。のだが、イーグルスとしてのオリジナリティーあふれるメロディライン、サウンドスタイルはどうしてどうして全然古さを感じさないし、むしろ、鳥肌がたつくらい新鮮味のある音楽を聴かせてくれています。




テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/428-285515a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。