70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ローリング・ストーンズ~「ワイルド・ホース」
カントリー・ロック・バンドのストーンズ?

1971年リリース、
口からはみだした長い舌をロゴマークとするストーンズレーベルからの第1弾アルバム 『ステッキー・フィンガー』

アルバムジャケットでも大いに話題を呼んだ作品で、これもストーンズの代表作の一つシングル曲「ブラウン・シュガー」が大ヒット。ストーンズサウンドが大ブレークしたナンバーである。

その中でも異色というほどでもないのかも知れないが、アコーステック・ギターとミックのボーカルだけのシンプルできれいな曲「ワイルド・ホース」
ストーンズのことだから後半、派手になっていくのかなと思いきや、やっぱりシンプルに続くナンバーである。もちろんドラムもはいるのだが、控えめで、アクセントという感じで、悲しげなミックのボーカルが心を打たれる。そして美しく奏でられるギター音もこの曲を盛りあげている。

この時期、キース・リチャーズは純粋なカントリーロックバンドのリーダーであるグラム・パースンズという人物と交友を深めており、このアルバムにもこういったカントリースタイルの曲を入れたんだと思う。
ワルのイメージで売り出したストーンズの真面目?な部分をうかがえる曲でもある。


テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/438-c0be3f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Sticky Fingers(1994/07/26)The Rolling Stones商品詳細を見る 70年代に入り、ビートルズの呪縛から解放されたストーンズは怖いもの無しの快進撃を進めてい...
2008/01/27(日) 00:17:10 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。