70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
オールマン・ブラザーズ・バンド~1969
the Allman Brotheres Bnd

オールマン・ブラザーズ・バンド

レコーディング~アトランテック・レコーディング・スタジオ(ニューヨーク)

1969年リリース、サザンロックの幕開けといもいえるファーストアルバム。
ブルースをベースにした土臭いが熱くそして、艶がある演奏とサウンド。デュアン・オールマンを中心とした6人組で、ツイン・リードギター、ツイン・ドラムという編成でも注目も集めたグループ。

かなりのハイレベルな演奏技術は後の活躍を予感させますね。
アルバム最後の曲「ウィッピング・ポスト」などは緊張感と土臭さと重圧なサウンドが合いまっていい味を出している作品。


テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/439-5141e254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。