70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
エルトン・ジョン~「トゥナイト 」
ピアノとボーカリストとしてのマッチングは最高です。

1976年リリース、エルトン・ジョンの『蒼い肖像』
自身のレーベル、ロケットから送り出したジョンにしてみると気合の入ったアルバムではないかと思う。

’76年といえば、キキ・ディとのデュエット曲「恋のデュエット」が大ヒットして思いっきりキュート?なエルトンと、カワイイ~ィ キキとのポップで春らんまんなメロディがとってもよかった。

そして、このアルバムからの曲「トゥナイト」は、まるで別人か!のような相対するメロディとサウンドを聴かせてくれますね。

ピアノとオーケストラのコラボレーション。まるでクラシックの世界へ紛れ込んでしまったような錯覚におちいる名曲。
しかし、ボーカルを聴いたとたんエルトンの世界にひきずりこまれてしまう魔法のような歌声が響く。決して明るいナンバーではないが、ジーンと心に残る。

ピアノ、ボーカルとの相性、そしてオーケストラ。こんなにしっくりくるアーティストはあまりいあないのではないでしょうか。




テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/446-6060d9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。