70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スターシップ~「セーラ」
エレクトロ・ポップではあるが温かみが伝わるバラード。

ジェファーソン・エアプレン、ジェーファーソン・スターシップ、スターシップと入れかわり、立ち代り、どのメンバーでどうのこうのはよくわからないというよりも面倒である。というのが本音のグループなんだけど音楽性も違うしそれぞれ特徴のあるサウンドを聴かせてくれている。

スターシップでのアルバム1985年リリースの『フープラ』
このころ、はやりだったエレクトロポップ風に変わり、ジェーファーソン・スターシップでのハードロック路線から方向を変えたアルバム。

その代表曲といえば「シスコはロック・シティ」でポップでノリノリの曲がとても印象に残る。特にピコピコサウンドではない。それふうといった感覚のロックサウンドを匂わせながらよりポップにという作風で大ヒットしたナンバーである。


それに比べ、2曲目の「セーラ」はグッと聴かせてくれるバラード風ポップナンバーである。
どちらも全米ナンバー1になった曲で、むしろこちらのほうが好きである。
ゆったりとした曲調と心地よいリズムがひきつけますね。
~♪セーラ・・・セェーラ・・・  なんとも癖になる響きである。





テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/451-84084fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。