70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ブラックモアズ・ナイト~「ストリート・オブ・ドリーム」
天才と狂人は紙一重

ディープ・パープル → レインボー → ディープ・パープル → レインボー →ブラックモアズ・ナイト
ハードロックギタリストの中で、テクニック、人気、感性、そしてステージでのパフォーマンスと良い悪いは別として数々のメンバーチェンジ劇を演じ?てきたリッチー・ブラックモア。

ハードにときにやさしく、美しくかなでるギターの音色は独自の世界を確立しているギタリスト。
ディープ・パープル、レインボーとハードロックという音楽を世界的に浸透させたのもこの人がいたからといっても言い過ぎではないと思う。・・・・・ナイト・・・・・ブラックモアズ・ナイト
そう奥さんでもあるキャンデス・ナイトとのグループであるが、基本的には牧歌的要素タップリのサウンドがメインのバンドである。
ハードロック畑でつちかった感性をぬぐいすてて新たな展開を見せたブラックモア。

しかし、このアルバム『ヴィレッジ・ランターン』ではレインボー時代のアルバム1983年リリースの「BEND OUT OF SHAPE』に収録されている「ストリート・オブ・ドリーム』を聴くことができる。もちろんブラックモアズ・ナイト流のアレンジで正等なハードロックとまではいかないが、リッチーのギターが堪能できるナンバーである。


そして、この曲の原曲でのボーカリスト“ジョー・リン・ターナー”が参加しており歌姫キャンデスとのデュエットできかせてくれる。
ここでも強さのジョー、やさしさのキャンデスといった相対するボーカルを起用することで新たな世界を作り出した作品でもある。

牧歌的な音楽をやってると思うと突如としてハードロック。まさに天才と狂人という二面性を兼ね備えたリッチー・ブラックモア。
だからこそ、今でも影の薄れない存在なのだろう。



テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/452-928e4d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。