70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
クイーン~「プロセッション」
クイーン・・・壮大なインストルメンタル。

ステージのオープニング曲「プロセッション」
1974年リリース『クイーンⅡ(ホワイト・クイーンとブラック・クイーンの啓示)』からの1曲目のナンバーである。

ロジャーの思いドラム音で始まるこの曲はクイーンのイメージそのもののナンバーであると思ったものだ。
初期のクイーンのコンサートでは必ずといっていいほど使われていたナンバー。
ブライアンのギターで奏でられるハーモニー奏法でそれまでに聴いたこともない音色でとても興奮したものだ。
暗闇の中にそのサウンドが流れた瞬間、鳥肌が立った。今でも横浜文化体育館でのコンサートは忘れられない存在だ。

まだ売れていなかったころ、1973年のイギリス国内ツアーでの“モット・ザ・フープル”の前座として演奏していくうちに評判となったクイーン。やはりそのオープニングは「プロセッション」であったようだ。
ブラックとホワイトをコンセプトにしたアルバムとこの曲のイメージが成功の鍵だったんじゃないかと勝手に思っている。ん。

モット・ザ・フープルのステージでヒット曲「すべての若き野郎ども」に飛び入りでコーラスに参加したクイーンを生でみたかったな~と、かないもしない夢をみつつも・・・。





テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/453-7c4e100d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Queen IIQueen (1991/10/22)Hollywoodこの商品の詳細を見る イギリス国内では不評に終わったファーストからコンセプトアルバムとしてのセカンドアルバ...
2008/03/18(火) 23:23:58 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。