70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
エルトン・ジョン~「ユア・ソング2002」
僕の歌は君の歌。

1970年にリリース・通算2枚目のアルバム『エルトン・ジョン』からのヒット曲でいまでもエルトンの代表曲として忘れられない存在「ユア・ソング」
邦題は「僕の歌は君の歌」 いなかもの自分にはとても都会的イメージに思えた曲目であるとともに、洋画を聴き始めたころのヒット曲だけに思いいれもある。
なぜか学校での授業の風景を連想してしまう。たぶん、ボーとして外を眺めるのにちょうどいいメロディだったかもしれないな。(笑)

この「ユア・ソング2002」は恵まれない子供たちのためのチャリティを目的とした新録音で曲の哀愁を帯びたイメージを残しつつサントラ盤のような作りになっているというのも一緒に歌っているのがアレッサンドロ・サフィナという人で映画「ムーラン・ルージュ」のサントラにも登場しているイタリアの歌手ということでそれっぽい感じになっている。

曲の後半の盛り上がりは子供たちの合唱も入り、舞台でのエンディングを想像させる作りにもなっているところが余裕といえば余裕いや、貫禄を感じさせてくれますね。





テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/454-f263507e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。