70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ザ・バンド~「ザ・ウェイト」
古きよきアメリカ・・・ティスト。

1968年にリリースされたザ・バンドのアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』
ボブ・ディランなどのバックバンドを経て一本立ちして放った名盤。
アメリカ南部に根ざした誇り高きサウンドは味わい深いヴォーカルとともに余裕さえ感じられる演奏が大きく感じられたものだ。

その中でも、「ザ・ウェイト」はシンプルな曲構成と渋く心に響く名曲である。
フォークロック調のなんとも心地よいリズムが時の流れを忘れさせてくれるような気がする。もちろん、ボブ・ディランの影響が大きいかも知れないが、ザ・バンドらしいしっかりとした人肌のぬくもりと土臭さが古き良きアメリカンティストを感じさせてくれます。


1978年リリースのザ・バンド最後のコンサートを収めたライヴアルバム『ラスト・ワルツ』
完璧といえば完璧な演奏とムダのないプレイが聴ける感嘆深いアルバムである。
ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤングなど多彩な顔ぶれが参加しているのも見逃せない、ふところの大きいバンドだったんだな~と改めて思い知らされるアルバムでもある。





テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/455-dd0e1e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。