70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スーパートランプ~「ドリーマー」
ポップ性もあるが独自の空間的な広がりのあるグループ。

リック・ディヴィスとロジャー・ホジソンの二人を中心に1969年にスタートしたスーパートランプ
当初、プログレッシブロックを前面にしていたようだが、1975年リリース、大幅なメンバーチェンジごの3作目『クライム・オブ・センチュリー』ではポップ性を重視しらがらもユーモアと気のきいた歌に富んだ独自のサウンドが魅力的になったグループ。

一曲目の「スクール」ではプログレッシブ性が見え隠れするが独自のポップ性を盛り込んだサウンドで曲の後半ではテンポの早い展開を見せ、聴けば聴くほど味のある音楽を展開しています。

そしてこのアルバムで対極している曲『クライム・オブ・センチュリー』と『ドリーマー』

前者は、プログレロックの代表“ピンク・フロイド”を彷彿させるドラマチックかつ大胆なサウンド構成で音の広がりと独特な世界をうみだしているナンバーで、後者の『ドリーマー』は後のヒット曲「ブレックファスト・イン・アメリカ」に通じるポップ性を重視したサウンドとスタイルが心を暖かくつつんでくれるような一種、ユーモラスなリズムとボーカルが特徴で、これからのグループの道筋をつけたナンバー。

どちらもスーパートランプの個性あふれる才能を堪能できる作品であることには間違いない。

独自の空間を感じさせながらも身近に聴かせようという気持ちの伝わってくるアルバムである。





テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/456-a8ee7486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。