70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
CCR~『ペンデュラム』
キーボードを前面に心地よいサウンドを聴かせてくれる。

1970年リリース、クリーデンス・クリアウォータ・リバイバル(CCR)の『ペンデュラム』

オリジナルメンバーによるCCRとしては最後のオリジナルアルバムで、ジョン・フォガティ自身作曲のみで構成された最初で最後のアルバムでもあります。

テンポといい、ボーカルといい、一度は誰でも耳にしたことがあるだろう「雨を見たかい」は空前でヒット曲で、もう何回、聴いたことか。それこそ耳にたこができるほどってこのことかと初めて?実感したナンバーである。

キーボードメインのバラード曲「ハイダウェイ」も情緒タップリに聴けるし、「ボーン・トウ・ムーヴ」は軽快なロックンロールで「雨を見たかい」にも劣らないくらいの演奏とリズムが聴ける。
後のロックシーンに多大な影響を与えたひとつのグループであるとおもっている。

徹底したギターサウンドだった彼らがキーボードを前面に押し出し、洗練されたされた演奏を聴かせてくれるアルバムである。
Pendulum

Pendulum
posted with amazlet at 08.04.29
Creedence Clearwater Revival
Universal (1990-10-25)
売り上げランキング: 69631
おすすめ度の平均: 4.0
5 C.C.R.の代名詞とも言える名曲「雨を見たかい?」を含む傑作アルバム
5 よりへヴィーに
4 最後の1曲について
3 惜しいなあ

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
渋いセレクトですね。
こんにちは!
CCRのなかでは渋いアルバムですよね。確かに「雨を見たかい」は外せない名曲にしても、アルバムとしては賛否両論。私も複雑な心境になるアルバムです。
記事TBしたのですが、うまくいかなかったようです。
2008/04/29(火) 18:59:09 | URL | 240 #9L.cY0cg[ 編集]
240 #9L.cY0cg
コメントありがとうございます。
なんとなくわかります。でも、試みを繰り返しながら成長しようとする意気込みでしょうか。
TB特に何もしていませんので気がるにもう一度して見てください。
2008/05/09(金) 10:18:59 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/470-7f551577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
PendulumCreedence Clearwater Revival (1990/10/25)Universalこの商品の詳細を見る リードボーカリスト、ジョンフォガティーが参加した最後のアルバムとなり...
2008/04/29(火) 23:27:09 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。