70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
カンサス~『仮面劇』
アメリカン・プログレッシブロックの開花。

1975年リリース、カンサスの3枚目のアルバム『仮面劇』

この後の『永遠の序曲』『暗黒への曳航』と脚光を大いに浴びる前のアルバムではあるが、ファースト、セカンドアルバムを進化させ、プログレッシブなサウンドによりハードロック的感覚を強調させ、大きく存在感をアピールした作品である。

まだ、未完成なのかも知れないが、アルバム最後の曲「尖塔」では壮大なアメリカンプログレハードロックを披露しており、その後の音楽性の糸口見つけている。いや、それどころか、完成に近いのではないだろうか。

ストレートで疾走感あふれ、また、情緒も兼ね備えた、初期の名盤でもある。

仮面劇

仮面劇
posted with amazlet at 08.05.11
カンサス
Sony Music Direct (2004-10-20)
売り上げランキング: 163562
おすすめ度の平均: 5.0
5 影は薄いが、隠れた名盤!!

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/472-697d145a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。