70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
エイジア~『フェニックス』
エイジア、エイジア、エイジア

1981年、『詠時感~時空へのロマン』でデビュー。

といっても新人ではなく、プログレロックグループ「イエス」、「キングクリムゾン」「エマーソン、レイク&パーマー」のメンバーであったミュージシャンが結集して作られたバンドだけにほぼ完成されたサウンドスタイルで我々のロック心をくすぐる最高のグループだっただけに、今回の新作は待ちに待ったエイジアサウンドの復活アルバム『フェニックス』

一曲目の「ネバーアゲイン」からいきなりああ!やっぱりエイジアだ!と変に歓心と安心と不安が一気にきたと言う感じである。

歓心。やはり、ほかのロックグループにはない独特の音調とリズムはさすがというほかはない。プログレでありポップであり、ハードロックでもあるサウンドスタイルは特許ものである。
と同時に今までのエイジアを聴きなれてきた人間には安心感をあたえてくれる。

そして、逆に不安というのが、やっぱりトーンダウンしているジョンのボーカルいつまで持つのかなと、往年のヒット曲のフレーズがあちこちにでてくるような感じがするし、今回で最後かなという不安がよぎるアルバムでもあると思う。

それでもエイジアはエイジアである。パワーと卓越した演奏技術は今のロックグループにも負けないすばらしいものだし、まねもできない独特の世界はやっぱりエイジアなのだ。
フェニックス

フェニックス
posted with amazlet at 08.05.12
エイジア
KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M) (2008-04-23)
売り上げランキング: 62
おすすめ度の平均: 4.5
5 この4人でニューアルバムを作れたのが奇跡。生きてて良かった
4 太めの海賊
5 寺尾聡の「リフレクション」に似ている!?
5 最高傑作
5 こちらのほうが好き

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/473-e2ceb2de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。