70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
スティーブ・ハケット~ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト
1975年リリース、『待祭の旅』

正直、多くを語るにはほとんど知識もないのだが、プログレッシブロックバンド゛ジェネシス゛のギタリストとして3枚目のアルバム『怪奇骨董音楽箱』から、フィル・コリンズと共に参加したスティーヴ・ハケット

ブルースとかクラシック音楽的要素ももち、ジェネシスのプログレバンドとしての地位を築き上げた一人でもある。そのサウンドとギター演奏の技術はやっぱり、独特で、ピンクフロイドのギタリスト、デヴィット・ギルモアにも似た音楽性をもっているのではないかと思う。

もちろん、各々、自分の世界観があるからピンクフロイドらしさ、ジェネシスらしさを十分に発揮してるという点である。もっといえばスティーヴ・ハケットのほうが親しみやすいと言えばいいのかな。

このアルバムもジェネシスサウンドプラススティーヴ・ハケットプログレロックとでもいえるのか独自のたしかな演奏テクニックとサウンドを堪能できる、おすすめの一枚である。

ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト(紙ジャケット仕様)

ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト(紙ジャケット仕様)
posted with amazlet at 08.05.23
スティーヴ・ハケット スティーブ・ハケット
EMIミュージック・ジャパン (2006-02-15)
売り上げランキング: 168413
おすすめ度の平均: 4.5
5 我こそがジェネシス
5 ジェネシスらしさが聞けるプログレ名盤です
5 月影の騎士withoutガブリエル。
5 「音楽の職人」が作った芸術作品
3 コレクター向け商品

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/26(月) 19:49:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/476-e6927ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。