70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
1970年、夏のロックフェスティバル
1970年、イギリスのニューキャッスルでのフェステバル。

今でこそ、世界中あっちこっちでミュージック・フェステバルが開催されていて、日本でも、1997年からフジ・ロックフェスティバル(フジロック)なるものが開催され、気軽?にコンサートを楽しめるいい世の中になったものだ。

田舎にいる私には遠い存在ではあるが・・・。というかあまり興味がもてないものもある。(最近のはよくわからない・・・シュン!)

夏ロックフェステといえば、1969年の “ウッドストック・ミュージック&アートフェア”が大きくクローズアップされる。また、ウッドに次ぐ大規模なロック・コンサート1970年 “ワイト島ミュージック・フェステバル”では、ジミー・ヘンドリックス・エクスペリエンス、ジョーンバエズ、ジョニ・ミッチェル、ジェファーソン・エアプレーン、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどが出演し有名であるが、1970年の5月22日に開催されたイギリスのニューキャッスルでの、3日間にわたる“ハリウッド・ミュージック・フェスティバル”もそうそうたるメンバーがそろい開催されている。

トラフィック、ステッペン・ウルフ、スティーヴ・ミラー・バンド、キング・クリムゾン、フリートウッド・マック、プラスティック・オノ・バンドなどなど、この野朗といういくら観たい、聴きたい、触りたい?出演者ばかりである。

また、二日目の話題は、ジェームス・ギャングとジミー・ペイジ、エリック・クラプトンの即席ジャム・セッションだったと言うから驚きである。観れた人は一生の宝もの(記憶)でしょうね。

あぁ!イギリスに生まれればよかった・・・。

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/491-00471310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。