70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ディープ・パープル~♪ド、 レ、 ミ、 ファ・・・
もちろん、「ウーマン・フロム・トウキョウ」である。

日本公演で東京の女性を見て作った曲とか・・・。
リッチーのギターリフもいいが、イアン・ギランの白熱したボーカルも聴き応え十分なナンバーである。

1970年代のNHK-FMで流れていたのをなぜか忘れられない。
たぶんクロスオーバーイレブンという番組ではないかと思うがその辺は、はっきりとは覚えていない。

今は、NHK-FM明るく元気いっぱいのトークで、“ハーイ!次の曲は・・・です。”なんてのは当たり前なんだけど、その頃はたぶん、普通のNHKのアナウンサー(じゃないかな)がたんたんとした口調で“次の曲はだれの何とかと言う曲・・・・”みたいにテンション低く、 アーティスト名と曲名を一本調子で紹介してたっけ。そのなかで、“ディープ・パープル・・・「ウーマン・フロム・トウキョウ」”例のごとく静かに一本調子で紹介した後、いきなりこの分厚い曲がはいったものだからこのギャップが忘れられないのだろ。

イアン・ペイスの心にくいドラムから始まり、リッチーのギター、そしてジョン・ロードのハモンドオルガンがからんでとっても心地よいリズムを刻み、ギランのヴォーカルが曲を盛り上げるといったパープルならではの音楽構成である。

Who Do We Think We Are

曲の中盤当たりの静の部分では、イアンの澄みきったボーカル、そして、ジョンのキーボードが静かに、♪ド~レ~ミ~ファ~ソ~ラ~シ~ド~   これがまたとっても心地よく耳ざわりがよく、すっかりこの曲のファンになったものだ。

Who Do We Think We Are
posted with amazlet at 08.09.01
Deep Purple
Rhino / Wea (2002-08-05)
売り上げランキング: 1706
おすすめ度の平均: 4.5
5 ヘヴィ・ロック
5 リアルタイムで聴いておけばよかった・・・
4 あの迷盤 紫の肖像が素晴らしい音で蘇った。

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/495-09b88652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Who Do We Think We AreDeep Purple (2002/08/06)Rhino / Weaこの商品の詳細を見る 第二期最後のアルバムです。前作のような派手さは無いですが,さすが黄金時...
2008/09/02(火) 00:47:57 | SAMARQAND淫美ブログ
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。