70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
マイクオールドフィールド
1984年リリースのマイクオールドフィールドの「Discovery」
プログレッシブサウンドでインストルメンタルの曲が多いマイクの作品のなかで
歌ものが中心のアルバム。
そのなかでもおすすめは、1曲目の「To France 」。
マギー・ライリーという美声の女性ボーカリストで始まる情緒あふれるサウンドで思わず聞き入ってしまいます。
また、バリー・パーマーという男性ボーカリストを間に挟み、マギー・ライリーを前面にだしているこの作品はマイクオールドフィールドをあまり知らない人でも十分に聞き応えがあります。

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
この曲凄く好きです♪
コジさん、ご無沙汰です^^;
こんな曲が好きなコジさんは、きっと・・ロマンチスト(。-_-。)。。o
マギーライリーの「To France 」多分・・・remixだと思いますが、友人のセレクトCDに入っていて大好きになりました♪
で・・・アマゾンで購入しようと思ったらプレミヤ付いてて・・・しかも12000円(;へ:)
(/□≦、)エーン!!諦めましたよ~。

Evanescenceの「my immotal」をコジさんにお薦めしちゃいます♪アルバムは「フォールン」です。
それにしても、マイク・オールドフィールドさんって・・・美形なんですね~。
2007/05/31(木) 21:07:02 | URL | roko #USjiiEj2[ 編集]
>roko
こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうか!自分はロマンチストだったんだ!ん。納得ナットク・・・(笑)
「To France 」、「ムーン・ライト・シャドー」、それとボニー・タイラーがボーカルをとっている「アイランド」など大好きです。
確かに男前の感じがしますね。私と一緒でしょうか・・・?。
Evanescence、最近のはよくわからないのでチェックします。ありがとうございます。
2007/06/05(火) 10:55:00 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/68-796d68ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。