70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
ディープ・パープル ~嵐の使者
前作以上にファンキーさを増した1974年リリース 
ディープパープル
『嵐の使者』
ディープパープルお得意のハードなナンバーのタイトル曲からカウ゛ァーデイルの切ない歌声で歌う「幸運な兵士」まで全9曲、パープルとリッチーの新境地をきりひらいているが、音楽の方向性の違いからリッチーブラックモア在籍第3期ディープ・パープルとしては最後のアルバムになった作品。

全体に思考錯誤している作品でカウ゛ァーデイルはファンキー+ハードロック、リッチーブラックモアはバロック調+ハードロックを(レインボー、ブラックモアズナイトに見られる)やりたかったアルバムであり、ちょっと中途半端なサウンドであるが、しかし、例のごとくリッチーはやってくれます。
ギター職人は嵐の使者のごとくすばらしい演奏をしてくれています。

  ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
これが最後なんて残念
嵐の使者は素晴らしいアルバムだったけど、個人的にはまだ3期の作品があってもいいのになぁ~ってゆう思いはありますね。
当のリッチーブラックモアはパープルには飽きてきたのか、デイビッドカヴァデールとグレンヒューズが調子こいてきてムカついたのか知りませんけど、この後にパープルを脱退し、ELFのメンバーと始めたRAINBOWでは自分のやりたい音楽を自由にやっていますね。
2005/11/17(木) 17:42:09 | URL | ナイト #-[ 編集]
RAINBOW
いつもコメントありがとうございます。
リッチーブラックモアはクラシック、バロック調の音をとりいれてやりたかったみたいですけど、デイビッドカヴァデールとグレンヒューズらはぜんぜんその気がなかったみたいです。個人的にもRAINBOW盛り上がりました。
わが道をゆくブラックモア最高です。
2005/11/17(木) 23:03:43 | URL | コジ #-[ 編集]
こんばんは★
こんばんは☆
いいですよね!幸運の兵士…☆
最高ですね!
リッチーとカヴァデールの最高のコンビ(^▽^;)
本当に最高です(^▽^;)
2006/02/11(土) 02:21:58 | URL | なぎさ☆ #-[ 編集]
TBありがとうございました
こんばんは~。
当ブログにコメント&TBありがとうございました。
結局お互いが(コノ頃はグレン・ヒューズも含めてですね)主導権を握りたいタイプなだけに、リッチーとカヴァーデイルの組み合わせが2枚だけに終わったのが残念ですね。
この作品ももっと評価されてもイイと思います。
2006/05/22(月) 22:40:59 | URL | lonehawk #-[ 編集]
>lonehawk
コメントありがとうございます。
やはり、「マシン・ヘッド」あたりのディープ・パープルの音源を好きな人には なにか一つもの足りないかも知れませんね。
2006/05/24(水) 10:25:58 | URL | コジ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/73-5c2408e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
StormbringerDeep Purple 【日本盤】 嵐の使者 ディープ・パープル[ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] 1974年に発表された第3期DEEP PURPLE(ディープ・パープ
2005/11/18(金) 11:59:13 | OOH LA LA - my favorite songs
ようやく我が家にもディープ・パープル紙ジャケ第二弾が届きました。本当はもう少し後に届く予定だったのですが、一緒に注文したアイテムの発売日が変更になったので、当初の予定よりも早く入手することになりました。このシリーズからは2タイトルほど購入しましたが、その
2006/05/22(月) 22:30:54 | 芸術的生活、
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。