70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
アラン・パーソンズ・プロジェクト~アンモニア・アヴェニュー

ライブをやらないのにベストセラーになるアラン・パーソンズ・プロジェクト。
ジャンル的にはプログレかもしれないが、そんな感じではない親しみやすい違和感のないサウンド作りで、名の通りアルバム一作ごとにプロジェクトを組むのが特徴である。

これまで、キーボードを中心にしたサウンド作りが多く、リード楽器にもキーボードを使うことがほとんどだった。
このアルバムはギターを多くフィーチャーした曲が多く、1.2曲目はギターが大活躍で、インストルメンタルの「パイプライン」はベンチャーズにも同様の曲があったがそれを意識したのかなさだかではない。

ギターサウンドが多くなったとはいうものの、心地よくなめらかなアラン・パーソンズ・プロジェクトの音楽の特徴は健在で親しみやすくだれにでもすんなり受け入れられる曲ばかりです。
★曲目リスト
1.プライム・タイム
2.レット・ミー・ゴー・ホーム
3.ワン・グッド・リーズン
4.ラスト・グッバイ
5.ドント・アンサー・ミー
6.ダンス・オン・ア・ハイ・ワイヤー
7.ユー・ドント・ビリーヴ
8.パイプライン
9.アンモニア・アヴェニュー

ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
こいつは難関!
いっぱいトラバっちゃいました。同じモノを違う角度で見るって面白いですね。
さて、アラン・パーソンズですが、実は難関で通ってないんです…(スミマセン!)。プログレとは思ってないんですけど、綺麗過ぎちゃうキライがあるのか、イマイチすんなり真面目に聴いたことないんです。どのアルバムがオススメなんでしょう?やっぱりコレ?
2005/12/11(日) 21:21:46 | URL | フレ@ロック好きの行き着く先は… #-[ 編集]
マイルド
コメントありがとうございます。
キーボードの音はわりと好きなんですがあまりに使いすぎたり、ほとんどメインになってる(EL&P、ウエィクマンなど)はちょっと敬遠しがちなんですが、このアルバムはほどよくギターもはいっており、いいと思いますが、マイルドにまとめ上げてるので綺麗過ぎちゃうってのはあるかもしれません。
でもそこがいいのかも。
2005/12/12(月) 11:29:49 | URL | コジ #-[ 編集]
懐かしいなぁ・・
「アンモニア・アヴェニュー」。
「ドント・アンサー・ミー 」は、思い出いっぱいの曲なので
聴くたびに切ない気持ちになります
2005/12/27(火) 21:33:50 | URL | Moony #-[ 編集]
>Moony さん
コメントありがとうございます。
いい曲、思い出の曲は何時聞いても
いいものです。
切ない気持ちということは、恋人と別れたときとかでしょうかね。
2005/12/29(木) 02:28:08 | URL | コジ #-[ 編集]
自分のブログでも書いたんですが、ポップ化した後のアラン・パーソンズのサウンドには随分と長い間、ご無沙汰となってしまいました。
2006/01/05(木) 20:49:38 | URL | Cottonwoodhill #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/26(日) 08:42:00 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/87-73779491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先週くらいに、今やってるベストヒットでこの曲が流れてて・・ウォー、懐かしいー!って純粋に感動してしまった。このやたら大滝詠一風のサウンド(これをフィル・スペクター
2005/12/18(日) 02:03:49 | 84年、あの頃君は若かった
アラン・パーソンズがデニー・レインと来日ブリティッシュ・ロック・シーンの職人ミュージシャン、アラン・パーソンズの来日が決定しました。日程は2006年1月11日(水)・12日(木)
2006/01/04(水) 15:24:54 | Cottonwoodhill 別別館
ライブをやらないのにベストセラーになるアラン・パーソンズ・プロジェクト。ジャンル的にはプログレかもしれないが、そんな感じではない親しみやすい違和感のないサウンド作りで
2006/02/26(日) 08:34:19 | ☆NEALの部屋
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。