70s~80sの洋楽 おすすめCDレビュー
「名曲、迷曲、あぁ!この曲」70s80sのロック・ポップ系洋楽ヒット曲とアルバムの小コメント。このころの洋楽が青春だった。 今も衰えを知らない洋楽たち。まだ若いと思っているマイウェイ・コジの洋楽雑記帳。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
シカゴ

今日のおすすめ洋楽は
Hard to Say I'm Sorry/Get Away(素直になれなくて)がヒットした
1982年リリースのシカゴの『シカゴ16

ブラスロックの王道を歩んできたシカゴだが、いまひとつこのアルバムが出るまではあまり好んで聴くほうではなかったが、このアルバムから新規一転、若干方向性を変えブラスが控えめでポップロックっぽいサウンドでシカゴファンならずとも聴きやすくなじみやすいアルバムです。
でも、やはりこのグループはHard to Say I'm Sorry/Get Away(素直になれなくて)のようにラブバラードは天下一品のものをもっています。

ピアノとボーカルの出だしからずんずんひっぱり、ダニーのドラムスでつかんでしまう展開でいつ聴いても心にしみるいい曲です。
アルバム全体的に新たなファンを獲得しようとしているような、だれがきいても納得するサウンドでシカゴになじみのうすい方でもおすすめです。
ロックリサーチ

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

閲覧ありがとうございました。⇒ 
ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kkoji1111.blog21.fc2.com/tb.php/90-06577db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
これがシカゴか!? でもAORの名盤!本年も宜しくお願いします!今年最初のご紹介は、やはりリアルタイムで聞いていたもの、ということでシカゴです。この1982年という年はAORにとっては微妙な年ですね。Bozの「シルク・ディグリーズ」が1976年。TOTOのデビューが1978
2006/01/02(月) 18:32:38 | 音楽の杜
At Carnegie Hall, Vol. 1-4 (Chicago IV)ジャンルわけはよろしくないとわかってますが、はい[:YES!:] やっぱりジャンルわけしまして(笑[:楽しい:])今日はブラスロック登場です!70年代アメリカはブラスが加わった大人数編成[:バス:]のロックがはやりました。ブラッド
2006/01/16(月) 20:48:20 | Chainless Mind
SEO対策:洋楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。